海中アパルトメント 『海中アパルトメント ハジマリ荘』

2019.7.12  -  2019.7.17

スペース名 102
出展内容 絵画,立体,イラスト,雑貨,ファッション,サウンド
プロフィール 2015年より西荻窪のニヒル牛で開催していたグループ展、外に飛び出るのは初の試みです。
 メンバーは変わりながら、海の展示をつないでいます。
活動内容 海中美術
kuqi(刺繍小物)/コヤヒロカ(ガリ版印刷の布モノ)/6*umi(ウミウシ関係)
参加作家
岩瀬亜里紗(刺繍作品・服・ブローチ)/烏海(切り絵)/USCITA(ガラス小物)/魚眼亭(魚類モチーフ雑貨)/
クルテ絵ガラス商店(絵ガラスアクセサリー)/cokeco(革小物)/SAKURA COLOR(ディップアート)/
shiromamire(木工アクセサリー)/Jaco鳥田奈津子(筒描き染の布雑貨)/たつみ(真鍮アクセサリー)/
タマイトキコ(手描きと刺繍の布モノ)/手代木チカ(ガラスオブジェ)/
なまけもの社(消しゴムはんこ・紙雑貨)/ぬいぐるみ工房nuwasu(ぬいぐるみ)/
hoccolie(クラゲアクセサリー)/memini(金属アクセサリー)/妖毛thethe(羊毛フェルト雑貨)
海中音楽
物音(空間音楽)
展示コンセプト ひかりの網に包まれた海中に、ゆらりと現れたアパルトメント、“ハジマリ荘”。
瞬く星のように、たくさんの命が消えては生まれ、重なり合いながら、いくつものあたらしいものがたりが、また始まります。
SNS