エリア51 『KAMOME「喪」』

2021.4.6  -  2021.4.12

スペース名 101
出展内容 展示会(演劇)
プロフィール 令和元年5月1日に誕生した舞台芸術・映像・音楽をはじめ、ジャンルを問わない表現者の集合体。拡大するアートチーム。 旗印は、「社会にはたらきかけるものづくり」をすること。主な活動場所は東京・インターネット。
活動内容 エリア51が目指すのは、社会と切り離された創作活動ではなく、社会問題を見つめ、芸術分野での解決法を模索していくことです。また、その活動のなかで多くの人と出会い、相互に作用しながら、創造のエリアを拡げていくことを夢見ています。
展示コンセプト チェーホフ作『かもめ』を現代日本に置き換え、物語を3つの要素を中心に再解釈し、3種のパフォーマンスとして上演する。その中の一つ、KAMOME「喪」ではマーシャ視点で生死をテーマに『かもめ』を換骨奪胎する。また、本編のサイドストーリーとして、エクストラシーンと名付けられた短編演劇のライブ配信を行う。
「喪」をテーマに、アーティスト数名の作品を展示するGALLERY「喪」、古着屋「少年junk」のPOP UPストアを開催。
これらは現在における”絶望”を”喜劇”へと昇華するための一連の検証であり、またその旅そのものを、ひとつのインスタレーション/物語として現代に組み込むための試みである。
SNS