Argentacheアルジャンタシエ 『太陽と月のMandala』

2021.11.26  -  2021.11.28

スペース名 1-G
出展内容 イラスト,アクセサリー
プロフィール 1991年アテナ宝石デザイン研究所でジュエリーデザインを学び
フリーのジュエリーデザイナー
として活動を始める。
ブライダルジュエリーメーカー俄のマリッジリングや京セラクレサンベールやジュエリーメーカー碌山の商品を多数手掛け
その中の碌山に入社し8年間勤める。碌山でジュエリーデザイン、プランナーとして自社製品を作りQVCでのブランドを担う。
その後アクセサリーメーカーにて
職人として制作を経験して彫金や銀粘土、ソウタシエにふれ
長年の念願であった全てを自分の
手で作ることが出来るようになり
作家として活動を始める。
ありのままの自分、型にはまらない自由な精神を表現している
Argentacheを創作中、また2020年にマンダラに惹かれマンダラと
ジュエリーを合わせた作品も制作。
子育ても終わり、会社勤めも卒業して京都の地でジュエリー生活30周年を迎えています。
活動内容 2019年デザフェス出展
2020年AJCクリエーターズコンテスト初出品 入賞
2021年AJCクリエーターズコンテスト 佳作
展示コンセプト 太陽と月のMandala

2020年4月に個展を開こうと
準備していたところに緊急事態宣言により中止となり1年半。
世の中が目まぐるしく変化している心が落ち着かない感じ…
あらゆる変化の幅も速さも方向もバラバラで世界の見通しが効かなくなった…

心がざわついた時に
ジュエリーを見て瞑想をすると
心が落ち着く
心を落ち着かせるため、元気になるような、お守りになるジュエリーを作って欲しいとオーダーをされることが増えた
ジュエリーの中で使われる
さまざまな石が
人の心につながっていること
ジュエリーの役割に改めて気づく

この世は昼と夜で出来ている
太陽があり月がある
1日の始まりにのぼる太陽を見ると幸せな気持ちにつつまれ
月が現れるとホッと安らぐ
私たちの日々の暮らしの中であたりまえのように存在している太陽と月は昔からどんな環境下でも変わらず人々の心に光を照らす。

ジュエリーで太陽と月を
心を照らすものを作ってみよう
それがマンダラになりました

太陽のマンダラ、月のマンダラで地球と自然のつながりや命の源泉を自覚し、混乱した状況の中でも
自分自身とつながり方向を見つけ落ち着きを取り戻す

そんなジュエリーが出来上がりました